オリジナルエコバッグの作成と折りたたみのエコバック

エコバッグ1

既製品は安く、どこでも手に入れることができることから便利ですが、用途に最適なものを必ずしも手に入れることができるわけではありません。その点オリジナルグッズは、用途に合わせて作成することができるほか、デザインも自分の好みに合わせて作成することができます。

様々あるオリジナルグッズのうち、折りたたみのエコバックを作成する際のポイントについて紹介します。

オリジナルエコバッグを格安で作るには?

需要が増えるエコバック

エコバックとは、環境活動の中で生まれたバックのことで、スーパーやコンビニエンスストアでもらうレジ袋の代わりに使用する袋のことを指します。資源の減少や地球環境が悪化していることを考慮して、環境活動は盛んになっていきました。

その中で、毎日の買い物で大量に生産され、大量に消費されるレジ袋は、製造段階でも有害物質が発生するほか、処分する際にも環境破壊の原因になり、海に流れ出したレジ袋は海洋生物に悪影響を及ぼしています。このことが関係し、環境活動は世界的に盛り上がり、日本でもレジ袋の有料化がすすめられました。

そこで注目が浴びているものがエコバックです。エコバックは毎日の買い物を快適なものにし、環境にもやさしく、そして自分だけの買い物袋という特別感があります。エコバックが浸透し始めたことにより、形状も機能も様々なエコバックが生まれ、おしゃれなエコバックも誕生してきました。

ブランドからエコバックが展開されるほか、企業のノベルティグッズとしても人気があります。利便性の高さから、多くの人々が受け取り、何度も使用することから、多くの企業が様々なイベントで活用しているようです。

オリジナルエコバックは喜ばれる

エコバックは、既製品にも多くの種類が展開されており、便利に活用することができますが、近年ではオリジナルエコバックを作成することが人気となっています。

自分だけのオリジナルエコバックを持つために作成するという人もいますが、プレゼントとして作成する人も多いです。

誕生日のプレゼントをはじめ、結婚式の引き出物のひとつとして作成する人もおり、様々な活用方法があります。自分のために作成する人は、使い道がはっきりしており、機能や素材も細かく指定して作成しています。一方で、プレゼントとしてオリジナルエコバックを作成する人は、デザインにこだわる人が多いようです。

記念となる写真や自作のイラストなどをデザインに取り入れて作成しています。

オリジナルエコバックの素材

オリジナルエコバックのメリットのひとつは、素材を自由に選ぶことができるということです。既製品のエコバックだと、バックの形状は気に入っているのにデザインが気に入らないということもあれば、デザインは気に入っているのに素材が気に入らないといったことにもなりかねません。

オリジナルエコバックならば、気に入ったデザインのバックを、用途に合わせて素材を選び作成することができます。素材によって様々な特徴があるので、メリットとデメリットを考えながら選ぶことが重要です。よく使われる素材であるポリエステル素材は、耐久性が優れており、長く使用することができます。

摩擦にも強く、水による劣化も少ないです。コットン素材は、質感が良く、おしゃれなエコバックとなるでしょう。発色もよいので、デザインにこだわりたい場合にはおすすめの素材といえます。不織布素材は、コストを抑える際に活用される素材です。

加えて通気性もよく、耐久性が高いほか、素材が軽く邪魔にもなりません。

様々な種類がある折りたたみのエコバック

エコバッグ10

エコバックの中でも、特に使い勝手が良いものが折りたたみ式のエコバックです。バックは通常その形状をきれいに保つため、折りたたむ構造となってはいません。折りたたみ式のバックは、最初から折りたたむことを想定して作られており、たたむ順序も決まっていれば、順序を守ってたたむことによってバック本来の形状を崩すこともなく、かつコンパクトに持ち歩くことができるというメリットがあります。

折りたたみ式のエコバックと一口に言っても、様々な種類があります。ファスナーがついているものもあれば、ボタンで留めるものもあります。たたみ方を工夫することによって、何の付属品もなくきれいにたたむことができるものもあるほどです。

たたむ作業や広げる作業が面倒だという人に向けて、引っ張るだけ、丸めるだけなどといった簡単な作業でたたむことができるというものもあります。どのような場面でエコバックを使用するのかを考えて、たたみ方を選ぶと、より便利に活用することができるでしょう。

折りたたみのエコバックを作成するポイント①TPOを考える

折りたたみエコバックを作成する際には、いくつかポイントがあります。そのひとつが、エコバックの使用する場面を考えるということです。折りたたみのエコバックは、手軽に持ち運ぶことができることから、様々な場面で使用することができます。

ちょっとした買い物で使用する際には、大きさも小さく、持っていても邪魔にならない程度の大きさのものが良いでしょう。お出かけの際にもっていくのならば、デザインにこだわったおしゃれな折りたたみのエコバックが良いです。

万が一必要になったとしても、見栄えが悪くないものであれば安心して使うことができます。スーパーなどで本格的な買い物をするために使うエコバックならば、容量も大きく、保温や保冷といった様々な機能のついている折りたたみのエコバックが良いでしょう。

保冷機能や保湿機能がついていれば、食品のまとめ買いをする際にも便利です。

折りたたみエコバックを作成するポイント②容量と耐荷重を考える

エコバックを作成する際には、どれだけの容量で作成するか、そしてどれだけの耐荷重を備えているかを考えることが必要です。ちょっとした買い物用のエコバックならば問題ありませんが、本格的な買い物をするためのエコバックを作成する際にはしっかりと考えなければなりません。

日々どれだけの買い物をどのようにするかは、人によって異なります。毎日こまめに買う人もいれば、週末にまとめ買いする人もいるでしょう。おおよそ30リットル程度の容量があれば、買い物にも安心して持っていくことができます。

また、重さに耐えることができなければ、まとめ買いはできません。およそ20キログラム程度の耐荷重を備えていると、買い物以外の様々な場面でも活用することができるでしょう。

折りたたみエコバックを作成するポイント③充実したサポートの業者を選ぶ

折りたたみのエコバックを作成する際には、業者選びも重要です。

オリジナルグッズ作成業者は様々なものがありますが、その中でもサポートが充実している業者が良いでしょう。

作り慣れていない場合には、スタッフに相談しながら作成することができると安心できます。サポートがなく、完成品が納得のできないものであると、損をした気分となってしまうでしょう。

折りたたみエコバックを作成するポイント④サンプルの貸し出しがある業者を選ぶ

折りたたみのエコバックを作成する際には、サンプルの貸し出しがある業者を選ぶことがポイントです。折りたたみの方法は様々あり、どのような手順で折りたたむのがやりやすいのか、どの程度のサイズならば邪魔にならないかといったことは、実際に持ってみなければわかりません。

業者のサイトに掲載されているイラストや写真から判断するだけでは、実際に作ってみた際に思っていたものと違うということになることもあります。そのような事態を避けるために、できるだけサンプルの貸し出しのある業者に依頼するとよいでしょう。

折りたたみエコバックを作って便利に過ごそう

エコバックは、環境活動の影響もあり、需要が高まっています。オリジナルエコバックは、サイズや素材、デザインも自由に選ぶことができて、人気が高いです。折りたたみのエコバックを作成する際には、折りたたみの方法をしっかりと確認し、用途に合わせてサイズやデザインを選ぶとよいでしょう。

オリジナルの折りたたみエコバックを作成して、便利に過ごしてください。

参考リンク-エコバック印刷 ... MUAプロモーションhttps://bag-factory.online/